カレンダー アイコン 田んぼの歳時記(2011年版)

田んぼの歳時記2011年版です。気分も新たにして掲載しますので、今年の米作りのようすを見てください。昨年(2010年)の年間のお米を育てた記録・田んぼの歳時記2010年版が、こちらにあります。ぜひ、ご覧ください。 ---- 2010年版へ→

2011年版

1 2ボタン 3ボタン

---- 田んぼの歳時記2012年版へ→

---- 田んぼの歳時記2013年版へ→

稲穂アイコン 4月20日

肥料まき 4月20日、肥料まきをしました。 主に稲を成長させる肥料です。ですが量をやり過ぎると稲刈のとき稲が倒れてしまい ます、少なすぎると収穫量が落ちます、田んぼによって量を調整します。
トラクターの前方の下に見える12本のホースから、肥料が適量ずつ落ちてきます。 調整がむずかしいのですが、今年もうまく行って良かったです。




稲穂アイコン 4月17日

種まき 17日に、2回目の種まきをしました。1回目は10日でした。 自動機で苗床に、籾を均一になるようにまいて行きます。
だいたい、内寸28cmx58cmの苗箱に150ccぐらいまきます。 我が家では、田植えの予備も含め640枚の苗床を用意します。





苗床並べ 苗床に水撒き 種まきをした苗床は、田植えまで、ビニールハウスで丁寧に水やりをして、 発芽させ成長させます。
最初は苗床に、白いシートをかけて保温します。 先の方に見える青く芽が出ているのものは、10日にまいたものです。

















稲穂アイコン 3月22日

畦塗り2 畦塗り(あぜぬり)です。
土の水分量が微妙で、あまり水分が多くてはできません、乾いていては直できません。 雨の降るのを待っていました。畦塗り機(アゼローター)で田んぼの水が漏れないように高さを、強度を持たせるために適切な幅にします。





畦塗り1 陶芸のろくろと陶土と人の手の関係に似て見えます。ろくろ:トラクター、陶土:田んぼの土、人の手:アゼローター。陶芸は円い物を作りますが、 畦塗りはひたすら真っ直ぐが基本です。






畦塗り3 畦の両側をこのようにして、塗ります。










稲穂アイコン 3月5日

田越し 田越しのトラクター 昨年の秋に田起しをしましたので、田んぼとしては2回目の田起しです。 寒の戻りもあり、三寒四温という感じですが、確実に春に向かっています。 この後の作業は、畦塗りと肥料の散布。 そして、もう1回田起しをした後、代掻きへと進みます。 今年の田んぼの歳時記も、ぜひ読んでください。
















稲穂アイコン 1月15日

冬田撮影からだいぶ経ってしまいました。2011年のスタート写真としては、ちょっと寂しい冬の田んぼです。ここが苗のうす緑に、夏のむせるような緑に、そして収穫の黄金色になるとは、今は想像できない風景です。






垂れる二番穂昨秋に、二番穂を田起ししなかった田です。実った二番穂がそれなりに垂れています。籾の中には、小さな米粒がありました。春の田起しで鋤き込まれて、わずかですが肥料の一部となります。






ほどけたガマの穂ふわふわと、童話の世界のような風景です。昨年のたんぼの歳時記を読んでいただいた方には、お馴染みのガマの穂がほどけた状態です。






ガマの種ほどけた穂を拡大して撮影しました。タンポポの種のように風で飛ばすために、綿毛に小さな小さな茶色い種が付いています。これだけ小さく軽ければ、ちょっとした風で飛ばされて行きそうです。





2012年田植え YouTubeへ 平成22年の米作り YouTubeで公開中 FAX注文用紙 配達料金が無料になる地域 米ぬかプレゼント 個人情報について 新川 散歩・サイクリング・つり
屋号の話

---- 外部リンク ----

当店がお米納めています

大衆割烹あきら バナー 大東建設 バナー